市場調査のことをご紹介します!

当サイトでは初心者でも分かる、やさしい市場調査の知識について解説しています。
先ずは市場を調査することのメリットについて言及して、その意義に関して解説されています。
次に同調査の上手な活用方法が、具体例を挙げながら述べられます。
何よりも分かりやすいのが特徴です。
それから調査の種類に言及されており、主に3つのやり方があると述べられています。
最後には調査の実施方法に関して、それぞれを比較しながら要点がまとめられています。

初心者でもわかる!やさしい市場調査の知識

初心者でもわかる!やさしい市場調査の知識 市場調査のポイントは、初心者でも知識として分かりすいことが大事です。
市場規模と推移動向を把握できることです。
特定の商品やサービスの市場規模を自社で調べるには、相当な労力と時間がかかるものです。
それに対して市場調査を依頼できれば、効率的に市場動向を知ることができるわけです。
市場動向の把握は、将来の売れ筋や販売戦略に活用することができます。
さらに、市場調査によって各企業のシェア情報も取得することができます。
競合他社のシェアや動向を把握できれば、対抗戦略も立てやすくなります。
それを自社の商品開発につなげることで、競合商品よりも優位な立場に立てるわけです。
商品開発では他の商品との差別化が肝心なので、市場調査は大いに威力を発揮できるものです。

市場調査の知識と効果的な戦略方法を知ろう

市場調査の知識と効果的な戦略方法を知ろう 商品販売を成功させるためには、市場調査の知識を持ちをしっかりと戦略を立てることが大切です。
市場調査を行うと、購入者の商品の選び方や購入理由、商品を実際に見た時の反応などを知ることができます。
市場調査の戦略方法は、アンケートや訪問調査、郵送調査やモニター調査など様々な手法があります。
市場調査の中で、アンケート調査は最も多く使われる手法になります。
従来は紙媒体を使った調査が多かったですが、最近はインタネットの普及に伴いWebサービスでの調査が増えてきました。
訪問調査は、対象となるターゲットの自宅に訪問し、直接商品に対する質問を行います。
幅広い対象ではなく、地域性などの情報が得たい場合に効率的な方法になります。
一般的に対面での方法で行われることが多いので、詳細な情報を集めることが可能です。
この調査は、一軒一軒訪問しなければならないため、調査の専門会社が代行することが多いようです。
郵送調査は、対象となるターゲットの自宅にアンケートを送り答えてもらう方法です。
郵送調査のメリットは、郵送費用が主な費用になるのでコストがかからないことが挙げられます。
反対に、アンケートがきちんと返送してもらえない可能性も高い為、正確な情報が集められないといったデメリットもあります。
その他にも、電話調査やソーシャルリスニング、モニター調査などの方法があります。
商品を売りたいターゲットや必要性といった目的に合わせて、調査方法を選ぶことが重要になります。

市場調査には欠かせないマーケティングリサーチとは

日本経済のニュースを見ていると、たびたび市場調査という言葉が飛び交っています。
経済に精通なっている方ならすぐに理解ができるでしょうが、そうでない方だと一体何を参考にしたのかと不思議に感じるものです。
ここでは簡単に、この市場調査について考えていきましょう。
日本で重んじられているのは、マーケティングリサーチというものです。
今では電話やメールによるアンケート形式となっており、約1万人以上をランダムに選んで実施をなされます。
飲食店の利用状況から、得られている満足度・要望をエクセルといった表計算にまとめて、後日発表をするというわけです。
マーケティングリサーチの特徴は不特定多数で、年代・性別も異なる点になります。
平均的な物事の考え方を効率良く把握できるので、市場調査に打って付けの方法というわけです。
マーケティングが利用されだしたのは1990年代からで、今ではごく一般的な手法でいろんな場面で活用されています。

外注した場合の市場調査のサービス内容とは

市場調査というのは、企業がマーケティング活動を行う際に必要となってくる調査活動全般を意味する言葉です。
そして、その市場調査をサービスとして提供している企業も数多くあります。
そのような外部に市場調査を依頼した場合、その主な調査内容は消費者や商品、潜在需要、価格、販売、販路、販売促進、広告調査など多岐にわたります。
また、これら調査をインターネット上に記録されたデータやアンケートを用いて行う場合特にインターネットリサーチと呼びます。
インターネット上での広告や販売戦略の複雑化、さらに消費者側の需要の多様化の影響を受けその需要は年々増しつつあります。
さらに、インターネット上でのリサーチは年齢や性別はもちろんのこと、地域や細かいセグメント設定を行った上で従来以上に細かい調査を簡単に行うことができるという点がメリットです。
なお、そのすべての工程を自社で行うことはできるもののニーズの把握が的確でないとその調査そのものが無意味になってしまいます。注意しましょう。

市場調査に投入する予算と企業規模の関係性

消費者のニーズを把握し商品開発やサービスの改善に役立てるためには、市場調査を実施しなければいけません。 調査結果が古くなるとニーズも把握しきれなくなるので、定期的に実施する必要もあります。 一般的に市場調査は1年に1回程度実施している企業が多く、かける予算の規模は100万円未満が大多数です。 調査結果によると全体の4割程度の企業が1年に1回、約7割は100万円未満で実施しています。 しかし市場調査にかける予算は、企業の従業員数が増えれば増えるほど増加する傾向にあります。 100万円未満と回答しているのは従業員数が1000人未満の企業ですが、これが1000名以上の企業になると100万円以上500万円未満が最多です。 従業員数と相関関係があるのは、経営資源が豊富であるためそれだけお金をかけられるからと考えられます。 市場調査の必要性を理解し多くの資金を投入できるのは、大企業ならではの強みと言えるかもしれません。

市場調査の目的なニーズを吸い上げることにある

市場調査は、ユーザーが販売対象となる商品やサービスの需要(ニーズ)の程度をどれくらい求められているのかを把握するのに有効です。一言に市場調査といっても、範囲は広大で大きな視点でとらえたものもあればニッチな視点で確認するケースなど切り口によって様々なケースがあります。例えば国が行っている「国勢調査」などは、その地域の年齢層や就業状態など、大枠の確認を5年ごとに行っていきます。これらのデータは集約されて公開されているので、まずは公開情報からおおよその傾向を確認することが重要です。公開されている情報の中から特に自社の商品やサービスのニーズが高いものを選定することは、絞り込みという面で効果があるでしょう。もちろんすべて当てはまるわけでは無いのですが、例えば20代女性が多い地域だけに絞ることで費用対効果を高くするという仮説は成り立ちます。まずはスモールスタートを行って、結果を考察し改善をしてくことが重要です。

市場調査の結果をもとにした経営の意思決定について

会社の本来の目的は利益を最大限にすることです。そのために様々な施策を行い、経営の効率化をはかっています。このようなことから、現代における様々な会社については効率的に運営が行われているということになります。その際に重要な部分を担うのが市場調査です。それは、最終段となる顧客がどのような志向を持っているかということを捉えるということが、多くの商品販売を可能にすることに大きく貢献するからです。 市場調査のためにはいくつかの手法が存在しますが、多くの場合にはそのことに関する専門業者が行うことになります。調査方法として最も直接的なものが、アンケートなどによる調査です。直接的に意見を聞いて、その結果を反映して経営に活かそうというものです。少し進んだものとしては、パイロットプラントなどで実際に小規模運営を行ってみるということが知られています。そのことにより、机上で考えたものでは気がつかなかったようなことが起きたり、考えが間違っていたということが分かる場合もあります。

市場調査を効率的に依頼するためのポイント

市場調査を行うときには、予算の範囲内で目的に応じた作業を行うことができるかどうかを必ずチェックしなくてはいけません。市場調査は、昔からマーケティング手法の一環として利用されてきたものです。しかし、実はこういった手法を利用する場合には人的なコストや予算が求められることが多いです。例えば、アンケート調査を行いたいと考えている場合には、それを集計するための人材が不可欠です。システム的に管理している業者も存在しますが、どちらにしても調査結果を集計してデータ化するためのコストが必要になるため、それをこなすことができるだけの業者に依頼しなくてはいけません。また、目的に応じた市場調査が可能であるかどうかも非常に重要です。仮に、特定のターゲット層に限定した調査をしてもらいたいと考えている場合には、そのための準備が必要です。近年は、インターネットを用いた効率的な調査をターゲットごとに行えるシステムも登場していますので十分に精査して依頼することです。

市場調査のために用いられる手法については

市場調査に用いられる手法ですが、市場調査とは言い換えれば顧客の意見や考え方を聞いて把握することとなります。つまり、誰に何をどのようにして尋ねるのかが問題です。既に対象となる顧客のリストを自分で保有している場合には、それらの人に対して聞けば良いわけで、これは例えば会員制度などを導入していて既存顧客の名簿を持っているケースが考えられます。しかし、全く新しい製品をこれから開発しようとする場合などには、そもそもどのような人が顧客になりうるのかの情報も分からないことがあります。このようなときは外部の調査専門会社に依頼することが一つの方法です。何を聞くかは基本的には自分たちで考えなければなりませんが、既存品の問題点とか今後どのような製品が欲しいか、どれくらいの値段であれば受け入れられるかなどが代表的なものでしょう。昔は紙ベースでアンケートを行うようなこともありましたが、今ではインターネットを利用する手法が広まっています。

市場調査のサービスの受け方は専門家へ頼もう

メーカーにおいて新商品を開発して市場に販売していこうとするなら、まずは市場調査のサービスを依頼する必要があります。市場調査の方法は、その商品がどのような地域で必要とされているのかあるいは地域を絞ってどのような職業のどれくらいの年代の人に必要とされているのかを探ってみるなどさまざまな調査方法があるはずです。その方法は販売する場所が優先されたり、職業訓または性別もしくは年齢が優先されたりといろんなケースがあるため分析を専門とする人に任せたほうが経済的かもしれません。さらには、調査の結果が分かるまでの時間も短縮されるので合理的ということもできます。市場調査の結果は、そのまま販売部や広告部などとも連携しやすくするために情報を共有されなければなりません。もちろん数値などのデータだけの共有に終わらずに、各部署のスタッフが集まって話し合う機会も設けたほうがいいのは明らかです。要するに、昔から言われる報告と連絡と相談を忘れないようにということです。

市場調査とマーケティングリサーチの重要性

市場調査やマーケティングリサーチは、聞いたことがあっても本当に重要か疑問に思う人も少なくないのではないでしょうか。市場調査は文字通り、市場について把握する重要な調査を意味しますから、軽視したり全くやらないのはNGです。しかし、いざやろうとしてもやり方を知らないと悩んでしまうのも、市場調査の難しいところです。市場調査ではまずニーズを把握することと、集めた情報を商品開発に活かす目的を念頭に置くことが大事です。その上で市場を構成する層や購買行動のパターン、競合他社や競合商品などを徹底的に調べて分析します。似た言葉にマーケティングリサーチがありますが、意味や使い方はほぼ同じですから、どちらの言葉でもやることは一緒です。具体的な方法はいくつか存在しますが、比較的ハードルが低いのはアンケート調査で、ブランドイメージや顧客満足度の調査なども役立ちます。いずれにしても、市場の動向を把握する重要性に疑う余地はなく、肌感覚に頼るよりも実態を調べて商品開発に活かした方が良いのは明白ではないでしょうか。

市場調査の参考サイト

市場調査